世界最高の子育てを読んでみた感想レビュー!

英語育児の本

少し前にテレビで拝見したボーク重子さんの著書「世界最高の子育て」を読んでみました。

読み終えた後の感想。

とっても読み応えがある1冊でした!

子育て真っ最中の自分にとって参考になる部分も多く、「あ、これうちでも試してみようかな?」と思うところが結構ありました。

例えば、第2章:双方向の「コミュニケーション力」を養う、ではこれからの時代に必要不可欠な「プレゼン力」を鍛える自宅でできる方法が書かれてありました。

そんなに堅苦しい方法ではなく、夕食時にさっとできること(P90)とか、ゲームにからめた方法(P90)とかです。

息子は小1なのですが、夕食時にできることならすぐに試せそう!と思ったので、試してみるつもりです。

(実は、似たようなこと寝る前に寝室ですでにやっているのですが、本に書かれているようなプレゼンテーション力アップにつなげるための「ポイント」を意識していなかったので、そこを気をつけてみよう~!と思いました)

ホント、色々参考になりました!

あとは、第3章:心が折れない「回復力」をつける、もすごく良かったですね。

そうです、最近よく聞く「レジリエンス」の鍛え方が具体的に分かりやすく書かれていたんです。(P141~、P151~、P156~)

特に「宝探しメンタリティ」(P151)を持つという考えはいいなぁと思いましたね。

さらにこの「レジリエンス」は生まれ持ったものではなく「育むことができる」という言葉にも励まされましたね。

なぜなら、私(ママ)自身がヘタレで、一度落ち込むとなかなか抜け出せないところがあるなぁと感じていて、それが息子にも引き継がれたら嫌だな・・・といつも思っていたので。

(そう、遺伝したらどうしよう・・・と心配でした)

もちろん私(ヘタレ)の子供なので、気質は似ているかもしれないのですが、レジデンス自体を「育むことができる」つまり「鍛えれば身につけることができる」ということは大きな励みと安心をもらえました。

息子のために、できることをがんばろう!と思えたのは良かったですね^^

やはり息子には、自分に自信を持ち、落ち込んでもすぐに「回復」できる(切り替えができる)ようになってほしいと思っているので・・・。

他にも、ちょこちょこ「お、いいな!」と思うポイントがあったので、色々試してみるつもりです。

さすがに書いてあること全部試すのは無理ですが、とりあえずやってみることが大事かな?と思うので。

ちなみに仲のいいママ友は、第4章:その子だけの「長所」を徹底的に伸ばす(P169~)に書かれてあった家庭でできる方法が参考になったと言ってました。

やっぱり人それぞれ、響くところは違うんですね~。(ま、当たり前ですけど)

この本は、ボーク重子さん自身の子育て体験談だけでなく、彼女のママ友だったり、研究結果に基づいたデータだったりしたものをまとめて書いてくれているので、ホントに読み応えがあると思います。

興味のある方は、ぜひ一度読んでみてください^^