go number one、go number twoの意味は?大人でも使っていい?

子育て英語・幼児英語集
スポンサーリンク

go number one, go number two の意味は?

突然ですが、問題です。

1.I need to go number one!
2.I need to go number two!

それぞれ、どういう意味でしょうか?

 

ひとつひとつの単語としては難しいものはないのですが、きっと日本の学校では習わないですよね?

 

私もアメリカに留学してから初めて聞きました。

 

正解は

・・・

・・

1.オ◯ッコに行きたい!
2.ウ◯チしに行きたい!

です!

 

きれいなお話でなくてすみませーん(><)

 

でも、子どもとかってこういう手の話、好きじゃないですか??我が家の子供も number 1, number 2 関連の話大好きです(≧∇≦)

 

そう言えば、以前にカナダ人の友人と子どもたちにショッピングモールで偶然会った時があったのですが、子ども達が number one, number two を使って話していました。

子ども1:I have to go to the washroom.(トイレに行きたい)
子ども2:Number 1 or number 2?(オ◯ッコ?それともウ◯チ?)
子ども1:Number 1!(オ◯ッコだよ!)

こうやって子ども達がおもしろがって使うように、私も覚えたての頃はおもしろくて使っていましたね。

でも、あくまで「幼児語」なので、大人が使う場合は「相手」や「場所」を考慮したほうがいいです!

(私も、親しい友人に対してのみ使ってました)

ですので、会議中などに I have to go number 1. などと言ったらギョッとされちゃうので注意しましょうね。

大人が使う場合はちょっと「おどけた表現」にも聞こえますが、場所をわきまえて仲のいい友人や家族間でのみ使うようにしましょう^^

 

4歳の子供も面白がってよく使っていたフレーズです。

よろしかったら、使ってみてください♪